出会い系サイトの進化

私が出会い系サイトを知ったのは大学生の頃でした。今でも運営している、出会系でサクラが少ないPCMAXというサイトでした。(当時はPC☆MAX)友達がネットで知り合った女の子と合コンするから来てくれないか?と言われ、ネットで本当に出会いとかあるんだ…、と思った記憶があります。出会い系のイメージはサクラや美人局のイメージが強く、はっきり言って負のイメージしかありませんでした。

しかし、実際にその人達に会ってみると、自分たちと何も変わらない普通の女子大生でした。女子大なので男性との出会いがなくて出会い系サイトを使った、との事でした。そういうのを使うことに抵抗はないのか?と聞くと、周りもみんなやってるし一人では絶対に直接会ったりしないから、と言ってました。その後会うことはありませんでしたが、彼女たちが変なのに引っかかっていないか心配です。

PCMAXのような大手の老舗サイトであればそこまで心配することはないと思うのですが、完全無料、女性多数、を謳っているサイトは危険だと思います。実際に出会い系サイトを使用している男女比は男性の方が多いみたいなので、そんな簡単には出会えないと思うからです。

それに、ネットのやり取りだけでは相手の事はほとんどわかりません。女性かと思っていたら実は男性だった、なんてことはよく聞きます。今ではビデオチャット機能付きの出会い系サイトも増えてきて、動画で確認することができるようになったのでネカマの心配は減ったかもしれません。それでもトラブルはあちこちで発生しているので安易な気持ちで出会い系サイトを使うのは控えた方が良いと思います。