まずはハードルを下げるところから

借金て、恥ずかしいですよね。でもローンはそうでもない、どちらも多分法的には「債務」になると思うのですが…(厳密には、ちょっと解りません)。
まあ、借金と言っても計画的に借りたものと、そうでないものとでは、また心象が違います。
突発的な事態が発生して一回借りちゃうと、その後借りやすくなってしまう。

借りる難易度と反比例して、返す難易度は上がって行くんですけどね。
当然の如く返済は苦しくなりますが、借金は周りの人間には相談しにくい。
「どうしよう、どうしよう」と焦りだしても、当たり前ですが、借金は減りません。

意を決して、弁護士事務所の入っているビルの前まで行って、踵を返したことがあります。
何か、「知り合いに見られたらどうしよう」と、考えてしまうのです。
ビルに入っているのは、弁護士事務所だけじゃありませんし、見られたところで別に、正直に話す必要もありません。
一種の被害妄想状態でした。

それで、借金返済の相談事例を調べていて知ったのが、街角相談所です。
藁をも掴む気持ちと、一方でやはり不安もありました。
でも、調べた限りでは悪い話は聞かないし、相談することに。
やり取りはメールだけ(電話と都道府県は必須。電話は携帯でもOK)。
私はこの弁護士さんに依頼までは行きませんでした。

しかし弁護士に対するハードルが下がり、最寄りの弁護士に依頼。
サイトで紹介された弁護士さんが駄目な訳ではありません。対応は丁寧でしたし、少なくともアドバイスは役に立ちました。
借金はまだ完済はしていませんが、先が見える状況で心理的にかなり楽になってます。
借金問題を抱えてる方は、街角相談所に借金の相談をいれてみては?